外壁と屋根の塗装

外壁を塗り替えると家が見違えるほどきれいになって、色によっては別の家かと思うくらいに変わる場合もあります。色が一番インパクトがあり、心も一新することもあると思ういます。

色やデザインに目がうばわれがちですが、外壁を塗装すると家を守る重要な役割もあります。何もせずにそのままで放っておくとどんどん劣化していきます。それでヒビがはいったり、雨などが侵入したりもします。

なので外壁の塗装は、見た目だけでなく、家を守るという意味もあるので、放っておかずにいつやるかをちゃんと考えた方がいいと思います。

また、屋根を塗装する場合も防錆、防水、屋根材の保護、断熱などの効果があるので屋根の塗装にも重要な役割があります。

屋根の塗装をする場合は、できれば外壁の塗装と同じ時期に行ったほうが足場も1回ですみますし、効率がいいと思います。

外壁や屋根の塗装は重要な意味があるのですが、素人には専門的な事などわかりづらい部分も多いので準備をしてかないと後でしまったということにもなりかねません。

それで外壁や屋根の塗装についてネットで調べていましたら、参考になるサイトをみつけました。<外壁塗装屋根塗装相場

このサイトで紹介しているように相見積もりをとって、複数の業者さんを比べて決めるといいのではないかと思いました。複数の業者さんを比べているうちに知識もついてきたり、相場もわかってくると思います。

そして業者を選ぶ目もついてきて、いい業者さんにも出会えるのではないかと思います。やはり金額的にも安くはないですし、そう何回もやる事ではないので後でしまったと思わないようにしたいと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リフォーム

家の駐車場のカーポートを簡単なものから少し頑丈なものに変えました。前は、屋根はあったのですが、横は何もなかったので、横から雨が入ってきました。今度は、横も囲ったので、雨も横から入らなくなり、自転車とかを置いても濡れなくなりました。

後で直すのは、制限もあって難しい所もあるので、家を建てる時にもう少し考えば良かったと思いましたが、何事も完璧にはいかないので、やってみてダメだった所は直していけばいいのかなとも思っています。

そして、塀の壁も汚れてきていたので、塗り直してもらう事にしました。塀の上部に目地があるのですが、そこから雨とかが流れてきたような跡がついてちょっと汚らしくなっていたからです。

最初は、塀の壁も塗り直すと出費がかさむので迷ったのですが、カーポートの工事と一緒だと割安になるのとやろうと思った時でないと機会を逸してしまい、なかなかできないと思ったので塀の壁も塗り直す事にしました。

塀の壁の塗り直しなどリフォームをいつするかは、難しいところだと思います。それでネットでいろいろ調べていましたら、いいサイトを見つけました。<リフォーム タイミング

家は、いつかリフォームしなければならない時期がくると思いますが、建物の材質、メンテナンスの状態などによっても違いますし、水回り、内装、屋根・外装など場所によっても違います。なので、事前によく調べて優先順位を決めて後でしまったと思わないようにしたいと思いました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

空き家対策

近年、空き家が多くなり問題になっています。子供が大きくなって、郊外に家を建てたり、都会に出て行ったりして、親だけが残ったり、空き家になったりするケースが多いのだと思います。

私が子供の頃に住んでいた町内も年配者が多く、若い人は少なくなったようです。私が子供の頃は、子供会も結構人数がいて、海水浴に行ったり、キャンプをしたりしていましたが、今現在、子供会に入っている子は、0だと聞いてびっくりしました。そこまでドーナツ化現象になっているかとあらためて思うところでした。

マンションなども私が子供の頃は、市にひとつもなかったと思いますが、今では結構建っているようです。それでも市の人口は、私が子供の頃と変わっていないので、見た目には、家が密集しているように見えても空き家になっていたり、一人暮らしの人が多かったりするのではないかと予測できます。

マンションや大型店舗などもたまたま広い土地が空いた所にできたりして、住民と問題になったり、都市全体としてもバランスの悪いことになったりしているように思います。

マンションのある地域、一戸建てのある地域、オフィスのある地域、商店のある地域、、工場のある地域などを計画的に作っていって、その時に空き家なども整理していくことはできないのかなと思ったりもします。

でもこれは行政的なことで、個人的にできることではないので、個人で空き家をどうするかについて考えなければなりません。そこでネットで調べていたところいいサイトを見つけました。<空き家どうすればいい

空き家をどうするかは、家や土地を売却する、リフォームして貸す、新築して貸す、駐車場にする等いろいろな方法があると思います。

また、相続した家であったり人それぞれの事情があると思います。それで、土地の地理的な場所や大きさ等から何に適しているかを考え、それぞれの事情を踏まえて、一番いい方法をケースバイケースで考えていくのがいいのではないかと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お部屋探し

娘が大学3年生で、下宿をしているのですが、3月に8畳の部屋から6畳の部屋に変わりました。8畳の部屋は、ちょっと大きかったのでそこまでは必要なかったのですが、入学する時に8畳の部屋しか空いていなかったので8畳の部屋にした経緯がありました。

それで大家さんには、6畳の部屋が空いたら教えていただけるようにお願いしていました。この度出てかれる人がいたので教えてもらい部屋を変わることができました。

部屋が少し大きかったこと以外は特に不満はなく、満足していました。大家さんの家の2階に6つの下宿の部屋があり、2階に行く玄関は、大家さんの玄関と別になっています。学校へも歩いて5分くらいで行けて、女子専用の下宿で、周りもとても静かな所です。

この下宿は、大学の学生課の紹介で見つけることができました。初めは、寮を希望したのですが、選考からもれてしまったので、急遽学生課で探すことになりました。学生課に行くとアパートが多く、下宿は少なかったように思いました。下宿の方が値段的にも安く、学生時代にしか経験できないのでいい所があれば、下宿にしようかと思っていたところ希望にかなう所があったので決めることができました。

大学生なら大学、社会人なら会社などの紹介がいいのではないかと思いますが、必ずしもそうはいかない場合もあると思います。それでネットで調べていましたら、お部屋探しのいいサイトを見つけました。<お部屋探し一人暮らし

このサイトで紹介しているようにチャットでお部屋探しができるサイトもあり、仕事が忙しくてなかなか不動産屋さんに行くことができない人でも利用しやすいですし、なかなかいいシステムがあるのだと思いました。

お部屋探しをする時は、ネットで事前にいろいろ調べるのもいいのではないかと思いました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ブログを始めました

今日からブログを始めました。身近に起こった事、世間のニュースも含め、思うがままに書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

先日、テレビで今の子供たちが大人になった時には、人生100年の時代がやってくると言っていました。今の時代は、平均寿命がだいたい80歳ぐらいで、100歳を超える人は、少ないと思います。しかし平均寿命が100歳となれば、すごい高齢社会で本当にそんな時代がくるのかと思いましたが、ちょっと考えてみるとそれもあながちあり得ない話ではないなと思いました。

織田信長の時代は、人生50年といっていたと思います。そして私が子供のころは、60歳代となると結構おじさん又はおばあさんという感じがしたと思います。それが今では、70歳代でも結構若くて、元気な人が多いように思います。やはり食料事情も医療も良くなっていますし、健康に関する知識も情報も増えています。

これから先どうなるかを考えてみますとips細胞などの再生医療が実用化されそうですし、いろいろな設備や機械なども発達して人間にあまり負担がかからないようにもなると思います。そうすると人生100年の時代もくるような気がしてきました。

人生100年の時代になると何歳で学校を卒業して、何歳で就職して、何歳で結婚して、何歳で子供ができて、何歳で仕事をやめてというような人生のながれも変わってくるように思います。60歳で仕事をやめてはまだ40年もあります。仕事もひとつの会社で一生を終ることも珍しくなるかもしれませんし、結婚を2回することも当たり前になるかもしれません。

そうするといい学校を出て、いい会社に入ってみたいな価値観も今とはかなり違ったものになるかもしれません。そう考えると自分達の世代も60歳を過ぎてから何をするかを少しは考えて生活したほうがいいように思えてきました。ましてや今の子供達は、もっとそうゆう事を考えて生活しなければならなくなると思いますし、我々のいままでの価値観を変に押し付けてもいけないのではないかと思いました。

今後ますます高齢化社会になることは確実なので、そのことも普段から頭に入れ生活するのも大切だなと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする