印鑑について

印鑑といっても認印も実印もあり、材質も象牙とか黒水牛とか様々です。普段よく使うのは、認印だと思いますが、認印でも書類に押したり、銀行で使用したりするので、重要です。実印ともなれば、重要書類に押すことになるので、さらに大事なものとなります。

また、印相のこともよく言われます。この部分は、金運を表しているとか、健康運を表しているとかいろいろあるようです。このように言われるのも自分なりの解釈では、「それだけ印鑑は大事なものだから、大事に扱いなさい」という意味だと思っています。印相とか運勢とかあまりこりだすとキリがないので、一般的に「こうするといいですよ」とか「こうしないほうがいいですよ」とか言われていることは、やったほうがいいのではないかと思っています。

その他にも文字の字体や彫り方などもいろいろあるみたいです。実印は、最低限のことは、考えて作りたいと思っていますが、印鑑について特に詳しいわけでもないので、実際作るとなるとよくわからない事が多いです。それで、ネットで調べていましたら、参考になるサイトを見つけました。<実印どこで

このサイトを見ると、最低限のポイントが書いてあるのでとても参考になりました。実印は、人生の中で、多分一度しか作らない一生物の場合が多いのではないかと思います。ですから、後悔のないように慎重に作らなければいけないと思っています。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です