太陽光発電は環境にいいのか

太陽光発電というと原子力発電とかと比べて環境にいいイメージがありますが、実際のところはどうなのかちょっと考えてみました。

太陽の光という自然のエネルギーを使って、廃棄物もでないというのは、環境にはとても良いのではないかと思います。しかも、太陽の光は、使えば使うほどなくなるものではないので、この点でもとてもいいのではないかと思います。

太陽光発電というと、個人のお宅に取り付けるものと、産業用とあると思います。産業用というと広大な土地に太陽光パネルが並んでいるイメージがあるのではないかと思います。もちろん全てが良くないというわけではないですが、なかには山を切りひらいて設置したり、設置した地元の住民の人たちから苦情が出て、迷惑をかけている場合もあるようです。これでは、環境にいい事をしているのか悪い事をしているのかちょっと疑問に思ってしまいます。

また、有害物質が含まれている太陽光パネルもあって、、廃棄する時に問題になるのではないかという話しも聞きました。太陽光発電が普及するようになって、それ程経っていないので、廃棄物を処理する時期にきていないと思いますが、これから問題になるかもしれません。

それから、ネットなどでいろいろ調べていましたら、参考になるサイトをみつけました。<太陽光発電つけるべきか

このサイトなどを参考にして、個人的に思ったのは、太陽光発電も欠点はあると思いますが、太陽光自体は、害を及ぼすものではないので、こられの欠点を考慮に入れたうえで、太陽光発電を代替エネルギーとして正しく活用していくことはいいことではないかと思いました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です